図太さが長生きの秘訣! 見習えO型のおおらかさ

phm23_0601-s
皆さんは、O型の人がどれくらい病気にかかりにくいかご存じですか?

O型が病気にかかるリスクは低い?

O型の人に比べて、他の血液型の人ががんにかかる確率は、1.5~1.7倍。血栓ができる確率は1.5倍。心筋梗塞に至っては、A型がO型の20倍という結果が出ています。肺炎の感染率は、O型に比べてB型が10%、A型が5%高いとのこと。

これは、様々な病原菌にも血液型のようなA、Bといったタイプがあり、それぞれ抗体のない病気にかかりやすいというわけなのですが、O型には、Aの抗体とBの抗体が両方備わっているため、これらの病気には比較的かかりにくいとされています。

抗体の件を言われると、生まれつきの血液型の部分なので反論はできませんが、O型の打たれ強さは、抗体だけが原因ではないのです。抗体と共に、病気に打ち勝つ大きなパワーのひとつが、「免疫力」! O型はこの免疫力も、他の血液型に比べて高く、結果的にO型の平均寿命は、他の血液型に比べても長いと言われているのです。

O型の性格が免疫力を上げている

それでは、他の血液型の人は、この「病気のかかりやすさ」を諦めるしかないのでしょうか? いえいえ、そうではありません。色々な病気にかかりにくくなるためには、「免疫力」をあげれば良いのです。抗体はどうにもなりませんが、免疫力をアップさせることで、病気にかかりにくい体をつくったり、早期回復を期待することができます。

O型は、何故免疫力が高いのか? このひとつの答えが、O型の性格にあります。O型はおおらかで、おおざっぱ、アバウト、細かいことはいっこうに気にならず、小さいことにイライラするよりも、気にするのはほどほどにして、常に笑って過ごすことが幸せだと思っています。

これこそが、人が持つ免疫力を最大限に高める秘訣です。免疫力を高めるために、「笑う」ということを意図的に行っている集団もあるくらいで、常に笑顔で過ごすことを、自然と実行しているのがO型なのです。

長生きしたいならO型を見習え!?

何があっても笑って過ごす。大丈夫だよ~きっと大丈夫だよ~といって乗り切ってしまう。これこそが、O型の免疫力の強さ、そして長生きの秘訣そのものです。

それは、他の血液型さんから、「O型図太い!」と時折非難されることもあるのですが、こと長生きということに関しては最大の効果を発揮することは間違いありません。

A型さん、B型さん、AB型さんも、時にはO型さんの図太さを見習ってみては、病気のリスクが低減すること間違いなしですよ!


このページの先頭へ