結婚するならO型? 便利なO型の使い方

phm23_0024-s
結婚……それは特定の異性と一生を共にすると誓う行為。ですが、何十年にも及ぶ結婚生活には、当然、山あり谷あり、それを共に乗り越えるパートナーシップが必要になります。


そんな「結婚生活」に最も適していると言われるのが、O型です。でもそれはなぜ? そして、O型との結婚を、より円満に活かす方法とは、どんな方法なのでしょうか。

トラブルは避けて温厚に

喧嘩なんて、面倒くさい……。全面的に面倒がりの傾向のあるO型さんは、自分の主張を押し通すよりも、相手の意志を尊重して喧嘩を避けるすべを知っています。基本的に、何か言っても、ハイハイと言って譲ってくれますが、O型さんの持っている「絶対に譲れないツボ」は刺激しないよう気をつけましょう。

O型さんには、9割は相手に合わせることができても、1割は口を出されたくない領域が存在しています。「O型には変なこだわりがある」と言われることがありますが、それが「えっ……そう来る?」と思われる部分であることも多いのです。O型は、譲れる部分に冠してはあっさりと譲ります。

つまり、O型さんと繰り返し喧嘩になる部分や、O型さんがなかなか譲らない部分は、その「譲れないツボ」であることが多い。日常生活の中で、O型さんは喧嘩にならないよう、たっぷり相手に譲っているはずです。喧嘩になった時には、「もしかして譲れないツボなのかな?」と考えてみてください。適度にO型に譲ってあげると、また他の部分ではたくさん譲ってくれるのがO型です。

プライドが高く、おだてれば空も飛ぶ(かも)

O型って、自信家で上から目線! なんて言われることもよくあります。計画性はないですが、やればできるさ! きっと大丈夫! という根拠の無い自信が、彼らを支えています。

そんなO型さんに、自信をへし折るような叱咤激励は禁物。職場で上司に怒られるのはまだ我慢できますが、家でパートナーに怒られるのはO型さんにとって逆効果です。けなせばやる気をなくし、小言は逆ギレを招くだけです。

しかし、ひとたび下手に出ておだて、ホイホイしてあげると、O型はいとも簡単に動きます。持ち前の優しさを最大限に発揮し、心づくしの協力をしてくれるのです。小さなことでも、O型さんにしてもらったら「ありがとう! 助かったよ~」と言っておくだけで、次からもあなたに惜しみなく力を貸してくれることでしょう。

全体的に見ても、許容範囲の広いO型は、相手に無関心になりがちなB型やAB型、或いは細かく考えすぎのA型に比べて、結婚生活を送りやすい相手なのは確かなようです。気むずかしい部分もありますので、上手に操縦して一生の幸せを目指しましょう!


このページの先頭へ