血液型トリビア 世界では意外とB型が少ない!

日本では、誰が何型なのか、大体自分の血液型をみんなが知っているのが常識! でも、海外では意外にも、そうではありません。ですから、これからお話するトリビアは、海外の人も、自分で知らない血液型のヒミツかもしれませんね!

blood23

日本・アジア圏の血液型の割合

さて、日本人の血液型の割合をご存じですか? A型は日本人の40%。O型が30%。次いでB型は20%、AB型が10%と続きます。B型20%! と聞くと、結構多いような気がします。身の回りを見ても、B型さん、結構たくさんいますよね!

でも実は、アジア圏はB型が席巻している地域。B型20%というのは、少ない方なんです。インドや中国では、B型が40%を越えており、特に中国のB型の割合は、70%にものぼるという説もあるくらいです。

世界全体を見ると、B型さんは必ずしも多くはない!?

上記のようにこれだけアジアでB型が多いといわれているのに、世界全体を見ると、B型さんは必ずしも多くはないのです。アメリカ、ヨーロッパといった地域では、日本と同じく、A型さんが40%を越えています。

なんとなく、気性や言動が激しく、イキオイのある、インドや中国の人よりも、紳士の淑女のといった文化を持っている欧米の人のほうが、日本と仲良くなっているのも、こんな共通点があるのかも……。

icon-hand-o-up もっとも、欧米では、A型さんよりもO型さんが多く、50%近くはO型だといわれています。A型が4割近く、O型が5割近く? じゃB型は……?

欧米地域ではB型・AB型はレア!?

なんと、欧米地域では、B型さんは、AB型同様、非常に珍しい血液型なんです! 日本では20%もいるB型さん。アメリカでは10%、フランスやスペインでは7%前後しかいないと言われています。

icon-hand-o-up ちなみに、AB型は、日本では10%ですが、アメリカでは4%、イギリスやフランスでは3%ほど。つまり、欧米諸国においては、B型さんとAB型さん、あわせて10~15%ほどしか存在しないんですね!

アフリカ地域では、ほとんどがO型さんと言われていますから、状況はこれとあまり変わらず、やはりB型さんは少ないとみることができます。つまり、世界の大半の地域で、B型さんはかなりの少数派だったんです!

日本ではメジャーな印象のあるB型さん。もしかして、日本を飛び出して欧米諸国に行くと、日本で埋もれていた才能が光るかもしれません!

このページの先頭へ