40歳以降が花! 遅咲き血液型ランキング

アイドルもプロスポーツ選手も、だんだんと若年化して、正直に受け止めれば20代で人生終わっちゃうような印象を持ちがち。でも、人生90年の時代は既に訪れています。遅咲きの人生もまた良し!? 遅咲きになりがちな血液型ランキングを発表します!

blood18

1位 A型

真面目が売りのA型さんは、若い頃は冗談も通じにくく、面白みにも欠けるとして、なかなか花開くことがないかもしれません。しかし、こつこつ努力するタイプのA型さんは、年を重ねるとその魅力が何倍にも増していくこと間違いなし。

icon-hand-o-up 若い頃は発揮しきれなかった実力も、経験を積むことで外に出るようになります。また日々の努力が、他の血液型にはマネのできない、堅実な結果を生むことでしょう。

2位 O型

自信家さんが多く、若くして独立したり、一定の結果を掴むことも少なくないO型さん。しかし一方で、若いときに無鉄砲に挑戦して、あっさり失敗することが多いのもO型さんの特徴です。

icon-hand-o-up そんなO型さんですが、若いときの失敗に諦めることなく、そこから学んで、40代以降に再び立ち上がったり、大きな成果を挙げる人も非常に多いのです。

3位 AB型

物静かで、派手な印象のないAB型さんですが、天才肌といわれるだけあって、若いうちから頭角をあらわす人が多いようです。ただ、天才だけになかなか周囲に理解されず、その成果が年齢を重ねてから認められる場合もあり、遅咲き度は半々くらいです。

4位 B型

4位は、完全な早咲きスタイルが確立している、B型さんです!興味のある方向に一所懸命取り組む傾向のあるB型さんは、 年齢が若いうちから一定の成果を出している人が多いようです。

icon-exclamation-circle ただ、B型さんの場合には、あっちにこっちにと興味の対象をうつし、成果が出ないうちに次へ次へと転がっていってしまう傾向もあるため、遅咲きどころか、時折咲かずに終わってしまう人もいるみたい。

いかがでしたか? 早咲きがもてはやされる時代かもしれませんが、定年後にひと花咲かせる時代でもあります。若い頃、咲かせたけど、もうひと花なんてことも! あなたの遅咲きに期待しましょう!

このページの先頭へ